こんなときご利用ください


家庭用化学製品(タバコ、洗剤、化粧品、シャボン玉液など)を誤って飲んだり、食べたりした場合の急性中毒についてのお問い合わせを受け付けています。

 「エッ・・・食べちゃったの!」

 「病院に行ったほうがいいの?」

 「どうすればよいか分からない」

  こんなときには、気軽に相談してください
 


ご家庭での対処方法や見守り方、すぐに医療機関にかかる必要があるかなどを分かりやすくアドバイスいたします。

なお、すでに症状が出ている場合は、お近くの医療機関へ受診してください。

 対応時間及び電話番号

 
 対応時間  24時間365日対応

 電話番号  045‐262‐4199

 情 報 料  無 料    


問合せにあたっての注意事項


 正確な情報提供を行うため、次の事項を伺いますのでご了承ください。

  ・中毒の原因物質(商品名、会社名、用途)

  ・中毒事故の発生状況(摂取量、摂取経路、発生時刻)

  ・患者の状況

  ・患者の氏名(回答任意)、年齢、性別、体重

  ・連絡者と患者の関係

  ・連絡者の電話番号(電話が切れてしまった時の対処のためにお伺いしています)

※ 問い合わせは電話に限り、メール、手紙及び面談等による受付は致しません。

※ 情報提供の際には、データ資料の検索等のため、場合によってはしばらく時間を
   要することもあります。


誤飲事故を予防するために


 誤飲事故の多くは、小さなお子さん(乳幼児0歳から3歳)です。
 行動範囲が広がった小さなお子さんは、手の届くものはなんでも口に入れてしまいます。
 中毒事故の多い、タバコや化粧品等を手の届くところに置かないようにするなど、身の
 回りにあるものを確認し、予防に努めましょう。


個人情報保護について

中毒情報相談室における個人情報の取り扱いについては運営主体である神奈川県医師会の個人情報保護方針に基づき実施しております。


その他

 (印刷してご利用ください)