受付対象

家庭用化学製品等の誤飲、誤食などの事故が実際に発生した場合に限ります。

〈家庭用化学製品の例〉
 衣類用洗剤、バス用洗剤、ガラスクリーナー、クレンザー、さび取り剤、シミ抜き剤、柔軟剤仕上げ剤、食器洗い機用洗剤、食器用洗剤、哺乳瓶洗浄剤、ポット洗浄剤、洗濯糊、アイロン仕上げ剤、住居用洗剤(アルカリ・酸)、漂白剤(塩素系・酸素系)、OAクリーナー、オーディオクリーナー、化粧水、乳液、クリーム、美容液、ベビーローション、ベビーオイル、リップクリーム、フェイスパック、香水、オーデコロン、石鹸、脱毛剤、マニキュア、マニキュア除光液、デオドラント、ベビーパウダー、ファンデーション、ホワイトニングパウダー、歯磨き粉、義歯洗浄剤、日焼け止め、入浴剤、バスオイル、バスソルト、沐浴剤、口紅、グロス、アイシャドウ、アイライン、マスカラ、シャンプー、リンス、染毛剤、ヘアマニキュア、パーマ液、ヘアワックス、ヘアリンス、ヘアスプレー、ヘアムース、育毛剤、洗顔料、ボディシャンプー、インク(万年筆・プリンター用)、鉛筆、クレヨン、クレパス、修正液、接着剤、のり、チョーク、粘土、墨汁、絵具、マジック、サインペン、蛍光ペン、ボールペン、スタンプインク、朱肉、消しゴム、防虫剤(樟脳・ナフタレン・パラジクロルベンゼン)、乾電池、ボタン電池、蚊取りマット、液体蚊取り、蚊取り線香、ゴキブリ団子、虫除け剤、殺虫剤、乾燥剤、塩化カルシウム、シリカゲル、生石灰、鮮度保持剤、脱酸素剤、酸素検知剤、使い捨てカイロ、車用品(バッテリー液・不凍液)、タバコ、マッチ、灰、ロウソク、花火、線香、お香、保冷剤、消化剤、水銀体温計、温度計、消臭剤、芳香剤、スキー用ワックス、グローブワックス、床用樹脂ワックス、廃油処理剤、冷却シート、玩具(シャボン玉液・ケミカルライト・スライム)、肥料、バーミキュライト、植物活力剤、コンタクトレンズ用品(保存剤・洗浄剤)、高分子吸収体(紙おむつ・母乳パッド、生理用ナプキン)、灯油、潤滑油、飼育水槽用品、カルキ抜き、魔法瓶のキラキラ、ペット用トイレ砂、除草剤など

次のものは対象外となります。

(1)医薬品、医薬品の副作用、催奇性、依存性に関する相談
  日本中毒情報センター(中毒110番)、薬物情報電話サービス等をご利用ください。

(2)食中毒(または古くなった食品)
  医療機関を受診してください。

(3)アルコール、シンナーなどの慢性的な中毒
  医療機関を受診してください。

(4)異物(プラスチック・コイン・ガラス・石など)
  医療機関を受診してください。

(5)糞尿
  医療機関を受診してください。

(6)実際に毒物摂取がなく、予測を尋ねるもの
  医療機関を受診してください。


 対応時間及び電話番号

 
 対応時間  24時間365日対応

 電話番号  045‐262‐4199

 情 報 料  無 料    


問合せにあたっての注意事項


 正確な情報提供を行うため、次の事項を伺いますのでご了承ください。

  ・中毒の原因物質(商品名、会社名、用途)

  ・中毒事故の発生状況(摂取量、摂取経路、発生時刻)

  ・患者の状況

  ・患者の氏名(回答任意)、年齢、性別、体重

  ・連絡者と患者の関係

  ・連絡者の電話番号(電話が切れてしまった時の対処のためにお伺いしています)

※ 問い合わせは電話に限り、メール、手紙及び面談等による受付は致しません。

※ 情報提供の際には、データ資料の検索等のため、場合によってはしばらく時間を
   要することもあります。


その他

 (印刷してご利用ください)